銀座カラーで事前のそり残しがあるとどうなる?

念入りに剃るようにと思っていても、ちょっと見えにくかったりすると剃り残しができてしまったりしますよね。
基本的には、施術前は自己処理しなければならないので、もし剃り残しがあった時にどういう対応をされるのか不安でもあります。
正直に言うと施術はできません。
その場所を飛ばして、オリジナルローションを塗るだけになってしまいます。
ではなぜ剃り残しがあると施術できないのでしょうか。
光脱毛はメラニンに反応して、毛根に熱を伝えるのですが、毛が長いほどその熱の伝わる量が多くなり、やけどをしてしまったりするからなんです。
安全のための対応なんですね。
また、シェーバーを持参の場合、剃って処理してくれるスタッフさんもいますが、基本的には非対応なので、きちんと剃り残しがないように注意しましょう。